事業内容

返済不要な助成金と補助金。

それらを理解し、活用していけばあなたの会社の
強力な資金調達ツールになるのです。

助成金・補助金とは何でしょう?

助成金・補助金とは、
民間の事業者が申請し、各公的機関が審査の上、給付されるものです。
原則として返済が不要なのです。

助成金・補助金の違いは?

大きな違いは次の二つと考えます。

①助成金は要件を満たせば受給の可能性が高い!

助成金は、主に厚生労働省が雇用増加や望ましい人材育成のために実施しています。
これらは要件さえ満たせば受給できる可能性が高いものがほとんどです。

補助金は、主に国や各自治体が実施しています。それぞれの政策にあった事業を展開してくれる事業主に
支援していこうという性格を持っています。
ですので申請したとしても、それらの方向性にあっていなければ受給できないこともあります。

②申請期間が違う

助成金は、随時、または長期間の申請期間を設けているものが多いです。
補助金は公募の期間が短い傾向にあります。

どんな助成金・補助金があるのかをまず知りましょう

あなたの会社にあった助成金、補助金はたくさん存在します。

しかし、どんな可能性があるのか
多くの事業者の方はわからないのではないでしょうか。

私たちは、まずは会社について会話させていただきながら
どんな助成金・補助金が向いているのかご提案できればと思っています。

助成金・補助金は「お金」で支援してもらえるものです

これはやはりキャッシュです。
資金調達は、稼ぐか借りるか貰うかです。
助成金や補助金は貰うものです。

これら助成金・補助金の良さは
課税こそされますが、雑収入で受け入れることにより経常利益が直接的に増えるのです。

助成金・補助金の注意すること

それは原則として「後払い」であるといいうことです。

助成金・補助金は、採択後にすぐに入金という訳ではありません。

例えば、
100万円を補助してくれもらった場合、
全ての経費を使い終わり経費の内訳を報告・提出したその後に
100万円の助成金を受け取ることができます。

それなりの運転資金を用意しておく必要があるのです。

© 2021 行政書士MINORU法務オフィス Powered by AFFINGER5